Skip to main content

住宅ローンの金利は条件によってこんなに違います

私が長年一緒にお仕事をさせていただいているローンスペシャリストの横山貴恵さんがすばらしいニュースレターを送ってくださいました。今回はその記事をお借りして、「ローンの金利は一定ではない」ということをご紹介します。 インターネットなどを見ると住宅ローンの金利が紹介されているページが簡単に見つかります。住宅購入をお考えのお客様の中には、このインターネットなどに載っている金利がそのまま自分のローンにも当てはまると思われている方もいらっしゃいますが、決してそうではありません。i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i […]

1031 エクスチェンジって何?

1031 エクスチェンジって何?

アメリカで不動産投資をしている人と話していると、必ずと言っていいほど話題に上るのは1031 Exchange(テンサーティワン・エクスチェンジ)。ここではこの1031 Exchangeとは何かを簡単に説明してみたいと思います。   自宅用ではなく、投資用として不動産を持っている場合、その不動産を売ると利益に対して課税されます。例えば20万ドルで購入した賃貸住宅を30万ドルで売った場合は、10万ドル(30万ドル−20万ドル)が利益となり、それに対してキャピタルゲイン課税されます。(利益を確定するには実際はもっと細かい計算が必要ですが、ここでは省きます。)キャピタルゲイン税率は収入その他の条件で変わりますが、一般的に言って10%~40%の間です。“利益の三分の一ぐらいは課税される”と覚悟しておいた方がいいと思ます。i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i […]

割り箸、要りますか?

割り箸、要りますか?

プロモーション用の割り箸を作りました。パサデナ、グレンデール、東北ロサンゼルス周辺にお住いの方で、ご自宅でのパーティやイベントなどで割りばしが必要な方がいらっしゃいましたらEmailでユカリトラヴィスrealtoryukari@gmail.comまでご連絡ください。お届けします。 この割り箸はこれまでにはあさひ学園、およびロサンゼルスのダウンタウンにあるリトル東京サービスセンターにも寄付させていただきました。  

会社から表彰されました:)

会社から表彰されました:)

私事で恐縮ですが、私の所属する不動産会社、Dilbeck不動産が毎年3月に行っている集会で、私の2016年の業績が表彰され、二つの表彰状をいただきました。 一つ目はAward of Merit という、2016年の業績が良かったエージェントに与えられる賞です。i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i […]

不動産の種類にはどのようなものがありますか??

不動産の種類にはどのようなものがありますか??

不動産の購入にはさまざまな選択肢があります。土地、一戸建て、マンション(コンドミニアム)…。不動産にはいろいろな種類があります。まずは、種別ごとのメリット、デメリットを知り、自分に合った不動産を購入しましょう。i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i […]

セラーが陥りやすい落とし穴!引っ越してから家を売るときは気をつけてください。

セラーが陥りやすい落とし穴!引っ越してから家を売るときは気をつけてください。

家を売るときには、まず引っ越しをしてから売るオーナーさんはかなりたくさんいらっしゃると思います。引っ越してしまえば、度重なる内覧のたびにスケジュールを調整したり、慌てて家の片付けをする必要もありません。後は不動産エージェントに任せて、次の家でゆっくりしていられます。   私物がなくなった家は広々としますし、掃除もステージングも自由自在にできます。内覧の予定もオープンハウスもどんどん入れられますから、売れやすくなる場合が多いと思います。そのため、売り出す前の引っ越しを勧める不動産エージェントも多いと思います。i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i […]

570 San Marino エスクロー入りしました

570 San Marino エスクロー入りしました

サンマリノの私のリスティングはバイヤーが決まり、エスクロー入りしました。現在はバックアップオファーを募集中です。ご興味がある方はぜひご連絡ください。 リスティング価格 $1,718,000 570 San Marino Ave. San Marino CA 91108 床面積2136 SQFT 敷地面積8993SQFT 3寝室、2.5バスルーム 1954年築 http://www.570sanmarino.com

中国からの資金持ち出し規制、アメリカ不動産マーケットにも影響?

中国からの資金持ち出し規制、アメリカ不動産マーケットにも影響?

中国の資本流失規制強化が世界の不動産マーケット関係者を心配させています。Bloomberg Newsの今年2月16日の報道によると、”中国人を動揺させた規制強化は昨年12月31日、国家外為管理局(SAFE)からの声明で発表”されました。”SAFEが示した新たな要件の一つは、外貨を購入する国民は年間5万ドルという外貨割当額を海外不動産投資に使わないという誓約書に署名が必要というものだった。違反者は政府の監視対象者リストに載り、外貨入手を3年間禁じられ、資金洗浄捜査の対象になる。” とのことです。i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i […]

サンマリノ市の新規売り物件 $1,799,900

サンマリノ市の新規売り物件  $1,799,900

サンマリノ市内の新規売り出し物件です。サンマリノ市内でも特に良いエリアと言われているハンティントンライブラリー付近に立地。学校区はもちろんサンマリノ学校区。1954年に建てられたミッドセンチュリー風の平屋建ての住宅で、ファミリールーム、ダイニングルーム、マスターベッドルームがパティオを取り囲む、明るいフロアプランになっています。リビングルームにはいかにもミッドセンチュリー的なデザインの暖炉。裏庭は芝生ですが、ダイニングルームに面したサイドヤードには和風の面影があります。 建物はリモデル等が行われていないので、多少手を入れる必要がありますが、サンマリノで2ミリオン以下の物件は貴重な存在。ご興味のある方はぜひご連絡ください。 詳しい情報はこちら。

どうなる住宅ローンの利子率。為替相場にも要注意。

どうなる住宅ローンの利子率。為替相場にも要注意。

昨年末、住宅ローンの利子率が上昇、3%台の超低金利時代はひとまず終わりを告げたように思われます。今後住宅ローンの金利はどうなるのでしょうか?   不動産関連の専門家の意見は上記の通りです。30年固定金利ローンの金利は2017年中に4.5%~5%になるとの予測が多いようです。トランプ政権の保護貿易政策はアメリカ経済を停滞させるのではないかと考える人もいますが、大統領が一人でできることには限りがあります。今後、アメリカ経済が今と同じような景気を保つ場合は、やはり利子率の上昇は避けられないのではないでしょうか? 先日、登録していただいた方にお送りした日本語不動産ニュースレターにも書きましたが、アメリカの過去の住宅ローン利子率は6~8%です。5%はまだまだ低金利です。i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i […]

サウスパサデナ(South Pasadena)ってどんな街?

サウスパサデナはパサデナの南に位置する、人口約2万5千人、約3.5平方マイルの小さな市で、高級住宅地として知られています。クラフツマンスタイルの美しい住宅が立ち並び、街路樹はレッドウッド、セコイヤなど。ヤシの木やスパニッシュコロニアルスタイルの家が多く、いかにも南カリフォルニア的な街並みの中で、南パサデナはアメリカのどことも特定できない独特の雰囲気を持っています。そのためアメリカ北東部や中西部を舞台とした映画やテレビ番組の撮影に使われることが多く、サウスパサデナが撮影に使用された映画はThe Terminator, Gone with the Wind, Halloween, Pee-Wee’s Big Adventure, American Pie, The Girl Next Door, Legally Blonde, Back to the Future, Bruce Almightyなど数え切れません。i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i […]

アルタデナ(Altadena)ってどんなとこ?

アルタデナ(Altadena)とは南カリフォルニア、パサデナ(Pasadena)市の北にある約8000平方マイルの地区で、約4万3千人の住民が住んでいます。アルタデナはロサンゼルス郡の中にある地区名で、市や町ではありません。行政的にはロサンゼルス郡が直接管轄しています。ロサンゼルスダウンタウンまでの距離は約16マイル(23キロ)の便利な立地です。 パサデナに比べるとのんびりとしていて、どことなく“田舎”っぽい印象が否めないアルタデナ。地区全体はおおむね緩やかな南面の斜面になっていて、北をサンゲーブルマウンテンの山並みが縁取っています。簡単にハイキングに行けるのもアルタデナの特徴。Millard Canyon, Echo Mountain, Eaton Canyonなどが人気のあるハイキングコースです。i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i […]

2017年の全米不動産価格予測

2017年は不動産マーケットにとってどのような年になるのでしょうか? トランプ大統領の政策が全く不透明な中、予想は非常に難しいのが現状です。アメリカの不動産情報サイトZillowは次のような予想を発表しました。(詳しくはこちらをご覧ください) 1.2017年の全米不動産価格は年間3.6%上昇する。これは経済や不動産の専門家100人以上をインタビューした結果だそうです。ちなみに2016年、不動産価格は4.8%上昇しました。(上昇幅が2016年よりも低く予想されているのは、住宅ローンの利子率情報が見込まれること、すでに不動産価格がかなり上昇していることなどが理由だと考えられます。) 価格以外の予想は以下の通りです。 2.都心部や駅などの交通の要所付近における小規模な住宅開発が促進される。(郊外型よりも都心型の開発が進むとの予想です。これは若い世代のライフスタイルが変化して、過去のような郊外の大きなファミリータイプの家をかならずしも望んでいないことの反映だと思います。)I I I i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i […]

よくある質問ーアプレーザルとは何ですか? それはどのように行われるのでしょうか

住宅ローンを組む時、ローン会社が購入価格が適切であるかどうかを調べるのがアプレーザル(appraisal 価格査定)です。 当事者同士が『この家は一億円!』などと合意して売買契約を成立させても、その家の価値がそれだけあるとは限りません。もしも客観的な価値が5千万円しかなかったら、8千万円を貸し付けたローン会社は万が一の場合にその家を売って資金を回収することができません。このような事態を避けるために価格査定が行われるのです。 価格査定は売買契約成立後、できるだけ早く行います。売買契約には「査定額が契約額未満だったら契約をキャンセルしてよい」という特約事項が盛り込まれているのが普通で、その期間が14-17日ぐらいしかないからです。査定の費用はバイヤーが負担します。概ね$450~600ぐらいです。売買契約が成立するとすぐにローン担当者から電話がかかってきて、料金をクレジットカードで支払って欲しいと言われます。i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i […]

日本在住の日本人でもアメリカで住宅ローンが組めるって知ってましたか?

現在アメリカの金利は30年固定だと年利3.5%、15年固定は2.875%という恐ろしいほどの低金利です。少し前までは、金利6%をものすごく安く感じたものですが。不動産の値上がり率は年5%ぐらいなので、金利として銀行に支払う額以上が含み益として手元に戻ってくるわけで、「借りないよりは借りたほうが得」な状態が続いています。 ところがアメリカの一般的な銀行やローン会社で住宅ローンを組むためには、アメリカ長期対座資格、ソーシャルセキュリティ番号、過去2年間以上同じ職業についていて収入があることが必要条件になります。日本に住んでいる普通の日本人の方がアメリカで投資物件などを買う場合、アメリカ人と同じ住宅ローンは組めません。また日本の通常の住宅ローンは海外不動産には使えません。そのため日本在住の日本人がアメリカで不動産を買うには「全現金買いしかない」と思っていらっしゃる方が多いと思います。i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i ii i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i […]

グレンデールってどんな街?

ロサンゼルスダウンタウンの北、約13キロに位置するGlendale市 はカリフォルニア州のロサンゼルスカウンティ内にある市で、人口は約20万人、ロサンゼルスカウンティ内では3番目に人口が大きい市になっています。 グレンデール市はサンフェルナンドバレーの東端にあり、北西をサンバレー、トハンガ、北東をラキャナダ、西をバーバンク、東をパサデナ、南をロサンゼルス市に接しています。市の中心にVerdugo Mountainsという山が’あり、この山の北側のグレンデール市内はその隣のどの市にも属していないUnincorporated 地区と合わせて、ラクレセンタと呼ばれています。i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i […]

よくある質問ーHOAって何?コンドミニアム、タウンハウスを買うときに注意すべき

コンドミニアムやタウンハウスを探している方はHOAという言葉を聞いたことがあると思います。これはHOAとはHomeowners Associationの略。日本の管理組合にあたります。 HOAは住民から毎月の管理費(HOA FEE)を徴収し、それを共用部分の管理費、保険費用や将来の修理に備えた積立金に充てています。ロサンゼルス周辺では管理費は通常月$200~$500程度。プールがなどの共用施設が充実していたり、ガードマンを雇っていると管理費が高くなります。 コンドミニアムやタウンハウスの購入を検討するときには、HOAについてとりあえずまず以下の項目をチェックすることをお勧めします。I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I […]