Skip to main content

売れました!ラクレセンタの一戸建て住宅

売れました!ラクレセンタの一戸建て住宅

売れました! 日本語イマージョン教育が公立学校で受けられることで人気のラクレセンタ地区の、かわいらしい2寝室の戸建て住宅です。きれいにリモデルされていて、南斜面に建っているため庭からの眺めも良い物件です。 3746 5th Ave. La Crescenta Glendale CA 91214 2  bedrooms 1 bathroom 720 SQFT 3633 SQFT lot $635,000  

盛況でした。10月21日DTLAアートディストリクト コンドミニアムウォーキン

10月21日土曜日にロサンゼルスダウンタウンで開催したコンドミニアムウォーキングツアーですが、おかげさまで定員にほぼ近い人数の方にご参加いただきました。ありがとうございました。以下がツアーの概況です。(手書きエリアマップはこちら) まずアートディストリクト内のおしゃれなZincカフェにお集まりいただきました。 それからMoleno通り沿いのBarker Blockロフトを見学。ロフトコンプレックスの屋上にあるプールサイドからはダウンタウンの素晴らしい眺めを見渡すことができました。i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i […]

中国からの資金持ち出し規制、アメリカ不動産マーケットにも影響?

中国からの資金持ち出し規制、アメリカ不動産マーケットにも影響?

中国の資本流失規制強化が世界の不動産マーケット関係者を心配させています。Bloomberg Newsの今年2月16日の報道によると、”中国人を動揺させた規制強化は昨年12月31日、国家外為管理局(SAFE)からの声明で発表”されました。”SAFEが示した新たな要件の一つは、外貨を購入する国民は年間5万ドルという外貨割当額を海外不動産投資に使わないという誓約書に署名が必要というものだった。違反者は政府の監視対象者リストに載り、外貨入手を3年間禁じられ、資金洗浄捜査の対象になる。” とのことです。i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i […]

サウスパサデナ(South Pasadena)ってどんな街?

サウスパサデナはパサデナの南に位置する、人口約2万5千人、約3.5平方マイルの小さな市で、高級住宅地として知られています。クラフツマンスタイルの美しい住宅が立ち並び、街路樹はレッドウッド、セコイヤなど。ヤシの木やスパニッシュコロニアルスタイルの家が多く、いかにも南カリフォルニア的な街並みの中で、南パサデナはアメリカのどことも特定できない独特の雰囲気を持っています。そのためアメリカ北東部や中西部を舞台とした映画やテレビ番組の撮影に使われることが多く、サウスパサデナが撮影に使用された映画はThe Terminator, Gone with the Wind, Halloween, Pee-Wee’s Big Adventure, American Pie, The Girl Next Door, Legally Blonde, Back to the Future, Bruce Almightyなど数え切れません。i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i […]

アルタデナ(Altadena)ってどんなとこ?

アルタデナ(Altadena)とは南カリフォルニア、パサデナ(Pasadena)市の北にある約8000平方マイルの地区で、約4万3千人の住民が住んでいます。アルタデナはロサンゼルス郡の中にある地区名で、市や町ではありません。行政的にはロサンゼルス郡が直接管轄しています。ロサンゼルスダウンタウンまでの距離は約16マイル(23キロ)の便利な立地です。 パサデナに比べるとのんびりとしていて、どことなく“田舎”っぽい印象が否めないアルタデナ。地区全体はおおむね緩やかな南面の斜面になっていて、北をサンゲーブルマウンテンの山並みが縁取っています。簡単にハイキングに行けるのもアルタデナの特徴。Millard Canyon, Echo Mountain, Eaton Canyonなどが人気のあるハイキングコースです。i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i […]

グレンデールってどんな街?

ロサンゼルスダウンタウンの北、約13キロに位置するGlendale市 はカリフォルニア州のロサンゼルスカウンティ内にある市で、人口は約20万人、ロサンゼルスカウンティ内では3番目に人口が大きい市になっています。 グレンデール市はサンフェルナンドバレーの東端にあり、北西をサンバレー、トハンガ、北東をラキャナダ、西をバーバンク、東をパサデナ、南をロサンゼルス市に接しています。市の中心にVerdugo Mountainsという山が’あり、この山の北側のグレンデール市内はその隣のどの市にも属していないUnincorporated 地区と合わせて、ラクレセンタと呼ばれています。i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i […]

4月28日午後6時 日本語イマージョンプログラムのあるDunsmore小学校オ

4月28日午後6時 日本語イマージョンプログラムのあるDunsmore小学校オープンハウス

来る4月28日(2016年)木曜日の午後6時から、ラクレセンタあるDunsmore小学校のオープンハウスが行われます。グランデール学校区は英語以外の言語で教育を行う「イマージョンプログラム」があります。日本語イマージョンプログラム(FLAG Japanese)はラクレセンタ地区のDunsmore小学校とVerdugo Woodland小学校で行われています。 28日のオープンハウスは本来は父兄用ですが、学校に確認したところ、「子供が学校に通っていない人でも興味がある人はぜひ来てください。」とのことでした。オープンハウスでは教室に入って子供たちの絵や作文を見たり、先生に話を聞くことができます。私も6時ごろに行く予定ですので、もし見かけたらお気軽に声をかけてください。 日時:2016年4月28日 木曜日 午後6時より 場所:Dunsmore 小学校 4717 Dunsmore Ave, La Crescenta, CA 91214 問い合わせ:818 248-1758 I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I […]

ボイルハイツ最後の和食レストラン「お富さん」

ロサンゼルスダウンタウンの東、ロサンゼルス川を越えてすぐのところにあるボイルハイツ(Boyle Heights)地区。ここは次のgentrification(街が急速によくなって地価が上がる)が起こると強く予想されています。現在は人口の9割以上がヒスパニック系ですが、他の人種やヒスパニック系でもホワイトカラーの人の流入が少しづつ始まっているようです。 ボイルハイツはイーストロサンゼルス地区と並んでロサンゼルスのヒスパニック系の人々の「ふるさと」と思われていますが、この地区は一昔前はなんと日本人が集中して住む地区でした。ここはリトル東京のベッドタウンだったのです。現在でもお寺や日系の施設がところどころにあり、その面影を見ることができます。そんな中で最後に残った和食レストランがここ「お富さん」。外見もですが、中に入るとそこはまるで忘れられた昔の日本!メニューといい、カウンター周辺に置かれた小物といい、テーブルの具合といい、すべてがまるで私が子供だった頃の地方都市の定食屋さんそっくりの雰囲気。少し濃い味付けもまさに昔の日本です。Please click the following link to read more.   私はボイルハイツの投資物件などをお客様にお見せした帰りなどに、時々行っています。ファーストストリートを使えばダウンタウンからもすぐそこ。皆さんもぜひ立ち寄ってみてください。 お富さん 2506 1/2 E 1st St, Los Angeles, CA 90033 Phone:(323) 526-1150 Hours: 11:30 am – 3:00 pm, 4:30 – 9:00 pm

毎月第二土曜日は「NELA ART WALK」

  今やロサンゼルスで最もトレンディな街といわれるようになったハイランドパーク地区。この地区とすぐ隣の私の住むマウントワシントン地区は元々アーティストが多く住むことで有名でした。最近はギャラリーも多く、毎週第二土曜日の夜はギャラリーが揃って通常の営業時間を外れて夜も営業する「NELA ART WALK」が行われています。(NELAとはNorth East Los Angelesの略。)このアートワークはハイランドパーク地区の人気が出る前からずっと行われていて、このイベントめにこの地区がトレンディな人々に知られるようになったのではないかと言う人もたくさんいます。Please click the following link to read more.  参加ギャラリーは50軒以上。コーヒーショップやバーの壁に絵画を並べただけのところから、専門ギャラリーまで内容は様々。車だと一々駐車するのも大変なので、自転車で回る人が多くなっています。時間は午後7~10時まで。昼間にギャラリーなどに行く時間がない忙しい人たちが、普段気になっていたギャラリー数件をこの期に訪れるという場合も多々あるようです。人の話によると、アートの値段はWest ロサンゼルスなどに比べると格安とか。皆さんも一度参加してみてはいかがでしょうか? ウエッブサイトはこちら 地図はこちら  

話題のNELA(東北ロサンゼルス)、2寝室一戸建てのお値段はいくら?

ロサンゼルスで今一番Hipな街といわれるハイランドパーク。その地名はもやは全米で知られているそうで、とある映画関係者の話によると、ニューヨーカーが「ハイランドパークなら知ってるよ。いまロサンゼルスで一番トレンディな街でしょ。」などと普通に言うそうな。ハイランドパークの変遷をここ15年見てきた私としては隔世の感があります。 私がマウントワシントン(ハイランドパークのすぐそば)に引っ越してきた2000年当初はハイランドパークは非常に危ない地域と思われていて、私のような新参者は周囲をすばやく見回して気をつけて歩くような街でした。その数年後、Avenue 50 とYorkの交差点で,平気でジョギングする人をみて驚愕した覚えがありますが、そこからの変化が早かった。あれよ、あれよという間にボロボロの家がリモデルされ、今や全然トレンディでない私としては出歩くのに気後れするほど。住宅の値段も30万ドル以下で普通に家が買えた5-6年前が信じられないほどに上がっています。Please click the following link to read the rest of the article. さて、ここで質問ですが、このようにすでにトレンディになり値段も上がったハイランドパークで今不動産を買うべきでしょうか? ハイランドパークが好きで「損得に関係なくココに住みたい」と思うのなら考える必要はないと思いますが、住宅購入を投資と見る場合はどうでしょうか。以下、周辺地区の2寝室一戸建て住宅の値段を見てみたいと思います。(2014 5/1以降に売れた物件の平均価格。過去の価格なので、現在のリスティング価格はどこもこれより上です。) 90042  Highland Park 床面積 964 SQFT  平均価格 480千ドル($520/SQFT) (York通りの北で小高くなっている地区だと平均価格500千ドルーリスティング価格だと550千ドル超程度。)   ハイランドパークよりは価格が低い周辺地区 90031  Lincoln Heights 床面積 1020 SQFT   平均価格  385千ドル($382/SQFT)  90032 El Sereno 床面積 985 SQFT  平均価格 357千ドル($372/SQFT) Cypress Park (この地区はサンプルが3件と少なくなっています。) 床面積 985 SQFT  平均価格 388千ドル($394/SQFT)  90033 Boyle Heights (この地区はサンプルが3件と少なくなっています。) 床面積 892 SQFT  平均価格 268千ドル($307/SQFT)  ハイランドパークよりも価格が高い周辺地区 90041 Eagle […]

カリフォルニア建築スタイル:クラフツマンCraftsman

南カリフォルニアでよく見かける建築スタイルの一つが「アメリカン・クラフツマン」と呼ばれるスタイル。19世紀の終わりから1930年ごろまでに建てられた住宅に多いスタイルです。私のマーケットエリアでは、パサデナ、南パサデナ市で一番よく見かけ、外見が市などの条例で保護されている建物もたくさんあります。 クラフツマンスタイルの発祥はイギリスで、産業革命によって進行した大量生産、合理主義によって失われつつあった職人の権利と技を尊重、芸術と工芸の一体化などを目指した「アーツ・アンド・クラフト運動」が発端でした。カリフォルニアでは1900年から1930年にかけて、カリフォルニアで大量に建設されました。職人重視のスタイルだけあって、細部のデザインに凝っていて、木の良さを生かしているのが最大の特徴。Please click the following link if you would like to read more.  このデザインで有名なのがグリーン兄弟。パサデナには彼らが設計したクラフツマン住宅の大作Gamble Houseがあり、一般公開されています。 よく日本人のお客様から「築100年以上もすると、家は価値がなくなるのではないですか?」という質問をされることがありますが、カリフォルニアではきちんとメインテナンスされていれば古い家だからといって自動的に価値が減少するわけではありません。特にこのクラフツマンスタイルには今でも熱心なファンが多く、「クラフツマンスタイルの家を探してくれ」と指定してくるバイヤーも珍しくありません。むしろクラフツマンはアンティークとして、時間とともに相対的な価値が上昇しているとすら言えると思います。 クラフツマンのオーナーは、電気の笠や電気スイッチなどの細部を手直しするにもきちんとクラフツマンスタイルのものを取り寄せるなど、建築の質を落とさないように常に気をつけている人が多いと思います。手間はかかりますが、クラフツマンのファンに言わせると家の手直しも楽しみの一つ。クラフツマンに興味がある方、ぜひご連絡ください。 Pasadena Gamble Houseの玄関。   Gamble House の灯篭 クラフツマンスタイル住宅のインテリア    

Sagebrush地区がラキャナダ(La Canada)学校区になる?

  ラキャナダ(La Canada)学校区はサンマリノ(San Marino)学校区とカリフォルニア州ナンバーワンの成績を争う超優秀学校区。「子供をラキャナダの学校に通わせる」ためにラキャナダ市内に家を購入する人がたくさんいます。 でも実はラキャナダ市内全域がラキャナダ学校区内ではないのです。アメリカでは学校区と市は別物で、地区境界線が同じとは限りません。A市の家でもB市の学校区内・・・などということはよくあるのです。 ラキャナダ市の西の端、ラクレセンタ(La Crescenta)との境界に当たる「Sagebrush」と呼ばれる地区もそれにあたり、ラキャナダ市内でありながら学校区はグレンデール(Glendale)。このエリアの子供たちはラクレセンタの子供と一緒にグレンデールの学校に通っています。そのためSagebrush地区の住宅は、その他のラキャナダ市内の住宅に比べるとやや安い値段で取り引きされてきました。Please click the following link to see the rest of the article.  このSagebrush地区がもしかするとラキャナダ学校区に編入される・・という話が今持ち上がっています。これまでも編入の話は何度もあったのですが、グレンデール学校区が生徒を失いたくないなどの理由で実現には至りませんでした。今回もどうなるかは分かりませんが、これまでの話し合いに比べると実現性が高いと話す住民が多いのは事実。今のところ、編入が実現するのは2016年以降ということになっています。地元の無料新聞「Outlook」によると、ラキャナダ学校区は、生徒が減るためにグレンデール学校区が失う補助金の一定割合をグレンデール学校区に賠償することで話をつけようとしているようですが、その金額などでまだ揉めているので、予断を許さない状況です。 このような話が持ち上がる背景にはラキャナダ学校区内には現在の学校規模を維持するだけの生徒がいないという事情があります。現在はラキャナダ市内に親の勤務先がある生徒を抽選で入学させて学校規模を維持していますが、学年によっては将来的にはそれでも生徒が足りなくなるかもしれないとか。そうなると学校規模を縮小するか、広く一般から抽選で入学させる(open enrollment)かを選択しなければならなくなります。学校規模を縮小すると先生やカウンセラーなども減らすことになり、教育の質への影響が心配。また広く一般から生徒を募集すると、どこのどんな生徒でも入れてしまう可能性があり、生徒の質低下が心配。ということで、市内の「Sagebrushの生徒に来てもらうのが一番ありがたい」と学校区は考えているのでしょうが、どうなることか。話し合いは来年に持ち込まれそうです。

ロサンゼルスダウンタウンの北東部、いい高校はどこにある?

ロサンゼルス付近では、質のいい公立小学校は結構あちこちに散らばっているのですが、質のいい公立中学校、高校になると探すのが非常に難しくなります。特に高校は生徒数が多いため、学校周辺の広い範囲が平均的にいい住宅地になっていないと学校の質が上がらない傾向にあります。「丘の上にいい住宅地が広がっている・・・」などという程度ではダメ。丘の上も下も含めて全体に質が高いエリアでなくてはならず、そんなところはそうそうあるものではありません。   さて、以下がそんな条件を突破して高い質を保っている学校のリストです。Great Schools.comという学校を評価するインターネットサイトの格付けで8以上(最高10)のところだけを上げました。数字はAPIスコアです。 それによると Crescenta Valley (Glendale) 888 Glendale   (Glendale)   776 ★Clark Magnet  (Glendale)  913 La Canada  (La Canada Flintridge) 937 San Marino  (San Marino)  932 Arcadia  (Arcadia)  893 South Pasadena (South Pasadena)   891 ★Bravo Medical Magnet (Los Angeles) 847 Alhambra  (Alhambra)  798 Mark Keppel  (Alhambra)  867 (★印はディストリクト内なら地区外からも入れる高校) これをみると、残念ながらいいスコアの高校がある地区が高級住宅地とぴったり重なっていることがよく分かります。またグレンデール北部、ラキャナダ、アルケディアなど、210-134フリーウエイ沿いにいい高校がたくさんあることもわかります。 この中で住宅価格がそれほど高くなく、比較的買いやすい地域はGlendale 内のLa Crescenta 地区とGlendale 高校のあるグレンデール北部、あるいはアルハンブラ地区ぐらいでしょうか。 日本の場合は高校入試があるので、成績のいい子供が公立の受験校などに通うのは試験にさえバスすれば簡単ですが、これで見るようにアメリカではそうはいきません。親は私立に行かせるか、いい公立高校があるエリアに引っ越すかの二者択一を迫られますが、どちらもお金がいる選択肢です。「勉強は個人でするものなので、学校の質はあまり気にしない」という考え方もあると思いますが、そこまで割り切るのは難しいのではないでしょうか。やはり物を言うのはお金・・・厳しい世の中です。 […]

新規売り物件 4731 La Canada Blvd. La Canada F

新規売り物件 4731 La Canada Blvd. La Canada Flintridge $899,900

私がラキャナダで売り出し中の新規物件をご紹介します。 学校区が非常に良いことで有名なラキャナダ市の3寝室、3バスルームの戸建て住宅です。床面積は2002SQFT, 敷地面積は8473SQFT。広々とした庭にはスパ付きのプールがあり、レモンやオレンジの木が植えられています。ラキャナダ小学校は子供でも簡単に歩ける徒歩圏内。小学校の前にあるメモリアルパークにもすぐに歩いていける、子供にとっては絶好の環境。1950年、まさにミッドセンチュリーに建てられた住宅のため、3つの寝室はどれもゆとりサイズ。キッチンはリモデルされています。ガレージ付き。 この地区では3寝室の住宅を1ミリオン以下で購入することは非常に難しくなっていますが、この物件は細かい直しが必要なところがあるので$899,900。大変な人気お買い得物件です。 詳しくはこちらをご覧ください。  

Cypress Parkでライブハウスをオープンしました。

Cypress Parkでライブハウスをオープンしました。

私事で大変恐縮ですが、夫がサイプレスパークで音楽ライブハウスをオープンしました。住所は1906 Cypress Ave Los Anglees 90065です。 サイプレスパークはマウントワシントンのすぐ南側の、ロサンゼルス川とマウントワシントンの丘に挟まれた平らなエリアです。川の対岸はエコパークになります。 数年前までこの地区は治安が悪いという評判で、マウントワシントンに住む人も近づかないようにしていました。それが2年ほど前から、きれいにリモデルされた家が売り出されるようになり、最近ではup and coming neighborhoodとして人気が高まっています。なだらかな丘の上に並ぶ住宅は比較的質がよく、ダウンタウンに近い安価な住宅地として、クリエイティブな仕事をしている人に特に人気があります。 Cypress 通り沿いは商業地区になっていますが、これまではヒスパニック系の人を主な顧客とした商店、レストランしかありませでした。それが最近はアートギャラリーなどもオープン。周辺地価が急上昇したハイランドパーク地区のYork通りの5-6年前を思い起こさせる状況です。 私の夫がオープンしたライブハウス「Cafe NELA」もそんな新手のアート&クリエイティブ系のお店の一つ。一応バーですが、現在のところはライセンスの関係でアルコールはビールのみ。食べ物は出していませんが、すぐ隣がパプサというメキシコ料理を専門にする店なので、そこでテイクアウトして持ち込んでいただいて構いません。カリフォルニアの他のバー同様、入場できるのは21才以上です。 開店時間は不定期で、バンドが演奏する時間のみオープンしています。木曜日ー土曜日の午後9時から午前0時ごろまではだいたい営業していますが、詳しくはFacebookのホームページでご確認ください。演奏するのは主にローカルのロックバンド、パンクロックバンド、エクスペリメンタルバンドで、カバーではないオリジナル曲の演奏が中心。 年齢層は30-60代とちょっと高めで、昔ダウンタウンにあった伝説的音楽ナイトクラブ「Al’s Bar」に通っていた層の人たちが多くなっています。音楽以外ではコメディショーやレアなドキュメンタリービデオの上映をしていることもあります。カバーチャージは無料の日もありますが、だいたい$5-10です。 ハイランドパークにはMr T’s Bowlという元ボーリング場だったバーがあり、ここでもライブ演奏をしていました。(最近は経営者が変わったためあまりやっていません。)まだハイランドパーク地区、マウントワシントン地区の地価がものすごく安かった15年ほど前、私と夫がこの地区で知っていたのはこのMr T’s Bowlのみでしたが、それがきっかけとなってこの地区に結局住むことになりました。ライブハウスやギャラリーの存在は、地区の質を変える原因になると思います。今後Cypress Park地区もかなり変わっていくのではないかと思います。 お時間がある時にぜひお立ち寄りください。Cypress Park地区やその周辺を見てみないという方も、ご案内いたしますのでぜひご連絡ください。 夫はライブハウス、私は不動産と完全に分業していますので、私がいつもこのライブハウスにいるわけではありません。お立ち寄りいただく時にご連絡いただければ、ご挨拶に伺います。(自宅のすぐ近くですので)

ロサンゼルス周辺、豪邸の分布 -超高級住宅はどこにある? 

ロサンゼルス住宅不動産の構造 ロサンゼルス=ハリウッドスター=超高級住宅、というイメージをお持ちの方も多いと思います。ロサンゼルスの豪華住宅は映画にもテレビにもよく登場するので、「きっとたくさんあるのだろう」ということは誰にでも想像つくのですが、「いったいどこにあるの」ということになるとなかな分かりにくいですね。超高級住宅は山の上にあったりして、人目にはつきません。「ウエストサイドに多いのは分かるけれど、他はどこ?」と聞かれると、長年ロサンゼルスに住んでいても知らない人も多いと思います。 そこでここではこれまで半年間に売れた戸建て住宅物件のデータから、超高級住宅の分布を見てみましょう。 以下は過去半年間に売れた6ミリオン以上の一戸建て住宅の分布です。Please click the following link to read the rest of the article. 約100軒ですが、ほとんどが沿岸部とサンタモニカ、ビバリーヒルズ、ベルエア、ビバリーヒルズ、ブレントウッド、パシフィックパリセイズといった地区に集中しています。ただ内陸部でもサンマリノ地区は大健闘。フットヒル地区、シエラマドレ、アルケディア北部の山沿いでもこのクラスの豪華住宅が売れていることが分かります。(Pomona付近でも一軒売れたことになっていますが、これは思った通りデータ入力ミスでした。) 価格帯を5~6ミリオンに下げてみました。 6ミリオン以上の場合と大体分布は同じですが、210/101フリーウエイ周辺にもちらほら売れた物件が出てきています。 さらに4~5ミリオンに下げてみました。 ここで登場するのが私のオフィスのあるラキャナダ地区。グレンデールの北、パサデナの西に家のマークが出てきています。ラキャナダには8ミリオンなどのリスティングもあるのですが、半年後とにコンスタントに売れる価格帯というと4ミリオン以下になるといっていいと思います。この価格帯だとアルケディア北部、サンマリノ地区だとコンスタントに物件が出ています。 さらに3-4ミリオンに下げました。この価格帯だと半年で200軒ぐらいが売れています。ウエストロサンゼルスではこの価格だと超高級住宅とは言えなくなってしまうかもしれませんが、ラキャナダ、フットヒルエリアでは5-6寝室、床面積が5000SQFTもあって、公園のような庭にプールがある・・・といった絵に描いたような豪邸が手に入ります。海には遠いですが、”コストパフォーマンス”という点ではフットヒル地区は豪邸購入にお勧めです!

高級感あふれるストリートに建つ、テニスコートとプールを備えた大邸宅

高級感あふれるストリートに建つ、テニスコートとプールを備えた大邸宅

《このコーナーでは、カリフォルニア州パサデナ市周辺の超高級住宅売り物件をご紹介しています。》 高級住宅地として知る人ぞ知るラキャナダ市ですが、その中でもFoothill通りの南側は特に大規模な邸宅が集まる地区として知られています。その中でもこの邸宅があるBerkshireアヴェニューは大邸宅が立ち並び、緑の中に瀟洒な建物が垣間見える美しい通りになっています。   現在, リスティングされている721 Berkshireはその中でも際立って美しい邸宅の一つ。テニスコートとプールを備えたまるで公園のような庭はなんと広さ77,000SQFT(1.77エイカー)。南向きに建てられたエレガントなチュードルスタイルの住宅は約7900SQFT(733㎡または 222坪)で、サンポーチに隣接した豪華なリビング、木を生かしたダイニングルーム、グルメキッチン、プールを見下ろす広々したファミリールームなどを備えています。北に面した多くの窓からはラキャナダのシンボルでもある山並みが眺められます。ロサンゼルスのダウンタウンへも車で20分。広々としたマスタベッドルームは書斎、デッキ、暖炉付き。6寝室、6バスルーム。選ばれた人のゴージャスな暮らしにぴったりのすばらしい住宅です。 リスティング価格:$6,890,000 ご見学をご希望の方はユカリ・トラヴィスまでご連絡ください。(323-314-8284, realtoryukari@gmail.com)   この物件は他ブローカーのリスティングです。 Dilbeck Real EstateDilbeck Real Estateはバイヤー側エージェントとしてご購入をお手伝いいたします。

バイヤーの競争激烈化。クレイジーなマーケット状況です!

バイヤーの競争激烈化。クレイジーなマーケット状況です!

  2013年に入ってから売り物件不足が非常に深刻な南カリフォルニアでは、いい物件には数日内に何件, いや何十件ものオファーが集まるのが現状です。しかも全米リアルター協会によると、2013年2月現在、全米の取引の32%がローンなしの全キャッシュオファーだそう。ということはほとんどどの物件にも全キャッシュがあると考えていいのではなでしょうか。 例えば今日私のオフィスでオファーを選考したグレンデール付近の物件は初めは$799,000でリスティングされましたがオファーが数日内に19件入り、それに対して$865,000でカウンターオファーが出されました。(ということは最高オファーは$65,000リスティングより高かったわけです。が、これくらい上の価格が出ても私どもエージェントは最近は全く驚かなくなっています。) これに対して私の知人のエージェントは$870,000で返したそうですが、「これではたぶん取れない。もっと上にして欲しいとバイヤーに頼んだけども納得してもらえなかった」と嘆いていました。 去年、あるいは一昨年でも$300,000~$450,000程度の比較的低額な物件ではリスティング価格を$50,000以上上回るオファーが集まっていました。ところが2013年に入ってからは、1ミリオン程度の高額物件でもリスティング価格をはるかに上回るオファーが集まるようになっています。しかも多くのオファーの中から勝ち残るのは全キャッシュ、アプレーザルコンティンジェンシー無し、インスペクション期間5日~7日というような非常に勇敢なオファーです。時には全キャッシュ、コンティンジェンシー一切無し(オファーがアクセプトされたら基本的にはペナルティ無しではキャンセルできない)というオファーも数多く見られるようになっています。 今、家購入をお考えの方は、エージェントの意見をよく聞いて、ここ一番という時は思い切ったオファーを書きましょう!   次回のブログでは、このような激烈なバイヤー間競争に「勝つオファー」について書きたいと思います。

ロサンゼルス周辺2012年公立高校のAPIスコアーTOP40

ロサンゼルス周辺2012年公立高校のAPIスコアーTOP40

APIスコアとはAcademic Performance Indexの略。1999年につくられたCalifornia’s Public Schools Accountability Actによって、全公立高校生徒に対して一律にテストを行い、その結果から学校の成績を出すことになりました。APIスコアがすべてではありませんが、このスコアの良し悪しで学校の質を概ね判断することが出来ます。 以下がロサンゼルス周辺公立高校の2012APIスコアトップ40です! これによると、私のオフィスがあるラキャナダの高校がなんと一位!これまでサンマリノが一位だったのですが、逆転しました。ラキャナダとサンマリノはAPIスコア争いの死闘(笑)を繰り広げてきていて、初の一位に学校は元より街中大喜びでした。(サンマリノ市民の方失礼!)いづれにしても、ラキャナダ、サンマリノは大体同じ成績で、トップクラスの学校です。 私のマーケット地域であるロサンゼルス市東北部では、アルケディア、サウス・パサデナ、クレセンタバレー(ラクレセンタ)が890点付近で、第二グループを形成しています。この3地域は日本人の方にも最近は人気の地域です。人気の秘訣はやはり公立学校の質がいいことと、サンマリノ、ラキャナダに比べれば住宅価格がやや割安であることだと思います。(サウス・パサデナは立地が便利なのと美しい町並みにファンが多いのでで高めですが…)Please click the following link to read the rest of the article.  ご存知の通り、南カリフォルニアではトーランスに住む日本の方が多いですが、お子様の教育を考えると、サンマリノ、ラキャナダ、アルケディア、ラクレセンタ、サウス・パサデナなどがアドバンテージの高い地域であることが分かります。これらの地域の他のアジア人グループ(中国系、韓国系、フィリピンなど)が増加しているのも、こうしてみると頷けます。日本の方もかなりたくさん住んでいらっしゃいますよ! これらの公立学校優良地区にご自宅のご購入をお考えの方、ご質問がある方、ぜひお気軽にご連絡ください。   2012 API scores 1. LaCanada942  ラキャナダ 2. San Marino 940  サンマリノ 3. Mira Costa (Manhattan Beach) 913 4.PalosVerdesPeninsula907 5. Palos Verdes 897 6.Arcadia895  アルケディア 7.South Pasadena894 サウス・パサデナ 8.CrescentaValley(La Crescenta) 891  ラクレセンタ 9. Walnut 890 10.Temple City885 テンプルシティ […]

便利な郊外住宅地―ラクレセンタ(La Crescenta)。学校はサウスパサデ

皆さん、ラクレセンタという街の名前を聞いたことがおありですか?ロサンゼルスに長く住んでいる方でも知らない人が多いかもしれません。 ラクレセンタは独立した市ではありません。ロサンゼルスのすぐ北にあるグレンデール市の北部地区とどの市にも属していない(unincorporated)地区を合わせて、ラクレセンタ地区と呼ばれています。 以下の地図を見てください。破線で囲ったエリアがグレンデール市域です。 高速道路134号線、5号線沿いに広がるのが一般に「グレンデール」として知られている市街地です。そのずっと北の高速210沿いはモントロースと呼ばれ、概ね平地で商店街もあり、比較的小規模な家が建っています。その北がラクレセンタ地区。中でもフットヒル通りの北側は閑静で眺めがいい南斜面の人気住宅地になっています。ちなみにグレンデール市の中央部はVerdugo Mountainsと呼ばれる山や丘が連なる地域になっています。その中には斜面に開発された比較的新しい住宅地が点在しています。 さてラクレセンタですが、その人気の理由はやはり学校。ラクレセンタ地区はクレセンタ・バレー高校のエリアに入っていて、小学校から高校まで公立高校の質が高いのが特徴です。Please click the following link to read the rest of the article 公立学校の質の高さでは、サンマリノ市とラクレセンタのすぐ東隣のラキャナダ市が最も有名ですが、これらの市は家の価格がラクレセンタよりもずっと高くなります。ラキャナダでは平均的な3-4寝室の家を$1,000,000\以下で買うのは至難の業。$1,200,000-ぐらいの予算がないと厳しいかもしれません。 その点、ラクレセンタだと$700,000~$950,000ぐらいで3-4寝室、2000SQFT程度のゆったりとしたファミリーサイズの家の購入が可能です。ラクレセンタ地区の商店はフットヒル通り沿いに集まっていますが、寿司などの和食レストランやスーパーマーケット、日本の食材もほとんど揃う韓国マーケットもあり買い物に不自由はありません。フットヒルを5分ほど車で走ればラキャナダ地区のショッピングモールに行かれます。ロサンゼルスのダウンタウンへは高速2号線を使って約20分、パサデナには約15分。郊外地的な環境が整った街としては非常に便利なロケーションだと思います。 2012年の高校のAPIスコアでいくと、ラクレセンタのクレセンタバレー高校は891。サウスパサデナ高校の894、アルケディア高校の895とほぼ並ぶレベルになっています。(ちなみにラキャナダは942、サンマリノは940)これはサウストーランス高校の875、ウエストトーランス高校の874よりも高いスコアです。 →詳しくはこちら ラクレセンタ地区はアジア人人口が多く、クレセンタバレー高校の生徒も約30%がアジア人です。白人生徒は53%、ヒスパニックが12%、フィリピン人生徒が3%、黒人生徒は1%未満になっています。 ラクレセンタは私のオフィスがあるラキャナダからは車で数分。当社ディルベックリアルエステートのリスティングもたくさんあり、最新情報にも精通しているエリアです。この地区で家の購入、販売をお考えの方はぜひご連絡ください。誠心誠意お手伝いさせていただきます。