Skip to main content

よくある質問-売り物件に複数のオファーがきたらどうしたらいいですか? 

よくある質問-売り物件に複数のオファーがきたらどうしたらいいですか? 

  少し落ち着いてきたとはいえ、南カリフォルニアは売り手市場。適正価格で住宅を売り出せば短期間で複数のオファーが来ることが多々あります。もしも、あなたが住宅を売り出していいて、複数のオファーが来たらどうしますか? 対応の仕方は大きく分けると以下の4つになります。(バイヤーの方も、オファーがどのように受け止められるかが分かると役立つ場合もあると思いますので、お時間があったらぜひ読んでみてください。) 1.どのオファーも受け付けない 提出されるオファーの全てが適切な価格とは限りません。提出されたオファーのどれもがあまりにもかけ離れて低い価格だったり、バイヤーに購入する能力があると思えない場合は、提出されたオファーをすべて却下し、より良いオファーが来るのを待つ選択肢もあります。ただしこのような対応をする前に、現在のリスティンング価格が本当に市場にあった価格なのかどうかを、まずよく検討する必要があります。i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i […]

住宅価格上昇率2%と予想-全米不動産協会リアルターアンケート

住宅価格上昇率2%と予想-全米不動産協会リアルターアンケート

全米不動産協会による今年11月の全米リアルターへのアンケート調査によると、今後12か月で住宅価格は全米およびカリフォルニア州では「約2%上昇する」との回答が一番多かったようです。今年5月に行われた調査では全米で「4%上昇する」との回答が多かったことと比較すると、住宅価格の上昇率が鈍ると考えられていることが分かります。 ご自宅の販売を考えている方、早めに行動した方がいいかもしれません。 http://economistsoutlook.blogs.realtor.org/2018/11/05/realtors-expect-home-prices-to-rise-2-over-the-next-12-months/  

よくある質問|エスクロー期間(Escrow period)は何日間ですか?

よくある質問|エスクロー期間(Escrow period)は何日間ですか?

カリフォルニア州では、不動産を売買する際、買い手が決まって契約にサインしてから実際に不動産が売れるまでの間、その不動産は「エスクローに入っている(In Escrow)」という言い方をします。その間、エスクロー会社は買い手から手付金(通常は購入価格の3%。頭金の一部)を預かり、住宅ローン会社とのやり取りをはじめ、様々な売買に関する事務処理を行います。 エスクロー期間は南カリフォルニアの場合は30日~45日間が普通です。その理由は住宅ローンのプロセスにこれくらい時間がかかってしまうからです。買う家が決まったことをローン会社に伝えると、まず初めの10日~2週間程度でローン会社は購入物件の価格を査定します。次にもう一度バイヤーの収入等を精査し、ローンがおりることが確実になるまでに概ね3週間程度かかります。その後、Closing Disclosureと呼ばれる費用の明細が発効され、住宅ローンの書類にサイン、ローン会社からエスクローに資金が振り込まれるまでまた1週間程度かかり、合計すると1か月ぐらいなります。i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i […]