Skip to main content

南カリフォルニアの5月販売ほぼ半減、価格は微増。

南カリフォルニアの5月販売ほぼ半減、価格は微増。

南カリフォルニアで今年5月に売買が完了した住宅不動産は前年同月の45%減になりました。5月に取引が完了した物件は、コロナウィルスのための自宅待機が行われていた4月、あるいは3月末に契約に入った物件なので、取引量が減ることは予想されていました。 意外だったのは住宅価格の中間値が前年同月よりも 2.7%上昇したことです。この上昇率は3月、4月の上昇率に比べると小さいのですが、このパンデミックの中で価格にほとんど影響が出なかったのは、さすがカリフォルニアです。今は売り物件が比較的少なくなっているので、今後価格が下がる可能性は少ないと予想されています。 カウンティごとの5月の取引量、価格については以下をご覧ください。 County Sales volume compared to a year ago Median price compared to a year ago Median home price Los Angeles – 49.5% +1.6% $620,000 Orange – 50.6% +4.2% $750,000 Riverside -43.7% +6.5% $415,000 San Bernardino -33.9% +6.7% $368,000 San Diego -40.7% +3.5% $590,000 Ventura -49.4% +1.7% $580,000

日本の銀行のローンで西海岸不動産の購入が可能

日本の銀行のローンで西海岸不動産の購入が可能

アメリカで海外不動産を購入する場合、通常はアメリカ国内でローンを組むのが普通です。ただし、アメリカの長期滞在ビザやグリーンカードが無い日本人がローンを組むには「Foreign National Loan」商品を出しているところを使い、アメリカ人向けよりは利子率を上乗せしたローンを組むことになる場合が多くなります。 日本の銀行は一般的に海外不動産への融資はしないのですが、最近、香川銀行はカリフォルニアの不動産に対して融資をしていることを知りました。利子率はアメリカの超低金利を下回る2.8%(年)。主な条件は以下になります。 対象:日本国籍者、あるいは特別永住許可を持っている人 目的:海外投資用不動産購入資金 融資額上限:投資額の50% 年2.8%変動金利。当初5年固定金利特約条件付き。 書類は全て日本語。東京で契約。 アメリカの普通の住宅ローン同様、購入物件を担保としての借り入れも可能ですが、現在所有しているその他の海外物件を担保にすることもできます。 またアメリカでローンを組んで購入した不動産のEquityが50%以上になっている方は、上記の条件に合えばアメリカのローンからこのローンへのリファイナンスも可能です。 詳しくは私、Yukari Travisまでご連絡ください。