house

カリフォルニアDream For All、住宅購入の頭金支援プログラムが戻ってきました!

この春、カリフォルニア州は初めて住宅購入する住宅購入者に対して購入価格の20%(最大15万ドルまで)の頭金をセカンドローンとして提供します。収入はあるのに頭金が無いために住宅ローンが組めない人にピッタリのプログラムです。興味がある方は私Yukari Travisまでご連絡ください。このプログラムを取り扱っている住宅ローン会社をご紹介いたします。プログラムの正式名称は「Dream For All | Shared Appreciation Loan Program」でCalFHAこと California Housing Finance Agencyが提供しています。 i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i ii i i i i i i i i i ii i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i

申し込み資格は以下。

  • 購入者は全て初めて自宅を購入するカリフォルニア住民であること。
  • 購入者のうちの一人は親もアメリカ国内に住宅を所有していないこと。
  • 購入する住宅はカリフォルニア州内
  • アメリカ市民、またはQualified Alien(永住権所持者など)であること
  • 収入制限(地区の収入中央値の80%以下)

このローンは購入した家に住んでいる間は返済する必要が無く、家を再販する時に元金と住宅価値上昇の一部を州に支払う仕組。昨年も同様のプログラムが施行されましたが、熱狂的な人気のためたった11日間で予算の3億ドルが使い果たされてしまいました。そこで今回は、去年のような早い者勝ちではなく、くじ引き方式で当選者を決めることになりました。申し込みを行うためには、まずCalFHAが許可したローン会社に連絡し、申し込みの資格があるかどうかをチェックしてもらった上、申し込み書類を準備をしてもらう必要があります。

申請期間は2024年4月3日から4月29日まで。1700~2000人の当選者が出ると予想されています。当選者には引換券が渡され、60日以内に使用しなければなりません。

収入制限があるので、サイズが小さかったり、多少修理が必要なその地区の中で安めの家の購入をすることになると予想されます。またこのようなプログラムは売り手に理解してもらうのが難しいので、バイヤー同士が競争する人気地区で使うのも難しいかもしれません。

このような困難な点もありますが、頭金無しで住宅購入ができるのはこのプログラムの大きな魅力です。